看護師が介護施設でアルバイトするという選択肢も

アルバイト看護師という働き方

看護師の勤務形態は常勤だけではありません。
非常勤で週に数日だけというアルバイトの形もあります。
アルバイトなら家族との時間や自分の時間を確保することができ、ワークライフバランスを実現できます。
子育て中などで常勤が難しい場合でも、短時間のみ、週に1日のみなどのアルバイトで看護師の資格を有効活用することが可能です。
いずれは常勤に復帰したいので、ブランクを作りたくないという場合にもおすすめです。
早番・日勤・遅番のシフト制や夜間のみなどさまざまな条件での募集があるので、子供が幼稚園や学校に行っている間だけという条件でも働けるのです。
また収入を多く得たいという人のダブルワークにもおすすめです。

アルバイトの求人は介護施設が多い

看護師がアルバイトで働く場合、病院よりも介護関係での募集が多いです。
特に単発や短期アルバイトの看護師募集は介護施設が多くなっています。
一般病院ではチームを組み患者さんの病状を把握することが大切ですが、介護施設は看護師の人数が少なく基本的に利用者さんの病状が安定しているため、シフトの都合上で単発で急募というケースもあるのです。

介護施設のアルバイト看護師の待遇は?

看護師の資格が必要とされる専門職なので、一般的なアルバイトに比べて時給は高めです。
勤務地や施設により異なりますが、都心の方が給与が高い傾向にあります。
また、急募の場合は給与が高くなります。
急募の単発バイトの場合、日払いも可能なところがあります。

アルバイトの福利厚生は?

アルバイトは一般的には常勤にくらべ福利厚生は劣ることが多いですが、それでも募集によっては有給休暇の取得が可能だったり社会保険も完備しているところもあります。
大手企業が運営する介護施設では福利厚生が充実していることが多く、給与も高めな傾向のようです。
アルバイトを探す際には給与だけでなくこうした福利厚生も確認することが大切です。
また、施設によっては、ワーキングマザーのための付属保育園があるところもあります。

アルバイト看護師の仕事内容は?

仕事内容は、ひとくちに介護施設といっても施設によりさまざまです。
健康チェックや服薬管理、簡易な医療行為といった看護の仕事だけで比較的のんびりしているところもあれば、介護業務にも携わりハードワークとなっているところもあります。
施設により事情は大きく違うので、事前に実際の業務についての情報などはなるべく収集しておきましょう。
また、看護師には利用者さんの異常の早期発見や緊急時のすみやかな対応などが求められます。
医師が常駐しておらず看護師の人数も少ないところでは、緊急時に看護師にかかる責任が重いことも覚悟しておきましょう。
容態の急変などの緊急時を除いては、残業は基本的に無く定時で帰宅することが可能です。

こんな記事も参考にどうぞ。

看護師が転職で失敗しないための準備マニュアル
大損してた!看護師が知っておきたい残業代のこと
看護師を辞めるのはちょっと待ってください!