看護師が有利な転職をするための資格

看護師として医療の現場で働いているうちに、転職を考える人はとても多いです。その理由は主に2つに分かれます。もっとスキルアップしたい、活躍したいと思って違う職場を求める場合と、働いている環境に不満を感じ、もっと自分にあった職場で働きたいと思う場合です。看護師という仕事はやりがいのある仕事ですが、同時に他の仕事と比べてとても大変ともいわれます。働いているうちに働き方について考えるようになるでしょう。

でも、転職をしたいという気持ちだけでは何ともなりません。自分が転職をするために、どうしたら有利になるのかを考えてから、行動に移しましょう。ただ気持ちばかりが焦って転職を急いでしまっては、また転職をしても不満を抱えたまま仕事をしなくてはいけなくなります。

専門看護師・認定看護師

看護師として転職を考えるなら、専門性の高い資格を取得して準備しておいてはどうでしょうか。働きながら資格を取得するのは大変かもしれませんが、転職をする際にとても有利に働きます。資格が武器になるというのは、本当の話です。

スキルアップとして考えるべきなのが、専門看護師・認定看護師です。より専門的に学んで知識を身につける必要があるので、自分自身どんな看護を専門でおこなっていきたいかが明確になっている人は、転職前に取得しておくといいでしょう。次に転職をする際に、専門看護師・認定看護師を募集している求人にも応募できるようになります。

助産師

女性看護師の場合に取得する人が多い資格が、助産師の資格です。赤ちゃんを取り上げることができる資格のことを指します。今産婦人科の看護師は不足しているといわれていますので、より重宝されるでしょう。産婦人科で勤務したいと思っているならば、助産師の資格は取っておくべきです。

ケアマネージャー

これからの社会ではケアマネジャーの資格も取得しておけるといいでしょう。高齢化社会という今、介護の問題はとても大きいです。しっかりとした介護を高齢者が受けられる環境にするためには、介護のプロが必要です。いざというときに転職に有利になる資格といえます。

それ以外にも、たくさん資格はあります。リラクゼーション系の資格も看護をする際には役立ちます。せっかく転職をするのですから、できるだけ有利な転職をしたい、それはみんなが同じ気持ちです。そういう人が多く転職先を探している中、みんなと同じではなく、みんなよりも一歩先に立つために、資格取得を目指しましょう。いざというときのために準備しておけるといいですね。

こんな記事も参考にどうぞ。

看護師が転職で失敗しないための準備マニュアル
大損してた!看護師が知っておきたい残業代のこと
看護師を辞めるのはちょっと待ってください!