看護師の目標管理シート100点満点の書き方

kanr

目標でお悩みの方へ
メディカル調査員の川田です。

目標管理シートって何を書けばいいの?

病院に提出する目標って悩みますよね。
低すぎてもダメだし、高すぎても達成できないし。

そこで今回は「目標管理シートの書き方」をテーマに、100点満点の目標を立てられるよう解説したいと思います。

100点満点の目標とは?


目標管理シートは、上司と一緒に目標を考え、その進捗と成果を管理し、末期に達成度をチェックするものです。

ここでポイントになるは「上司と一緒に」という点です。
高評価を得るには「組織にどうやって貢献するのか?」が重要になってきます。

もちろん個人としての目標や夢、やりたい事を書くのもOKです。
ただしそれだけでは不十分だと言うことです。

病院が何を求めているのか?

自分個人の目標に「病院の求め」をうまくマッチングさせるのが、目標管理シートの上手な書き方です。
つまり「組織に貢献するため、私個人はこういったことを頑張ります」といった目標が、上司ウケが良く、高評価な目標となるのです。

「組織に貢献か…、なんか面倒だな…」

確かに組織への貢献と言えば、ノルマのような嫌なイメージが付きまといます。
しかし看護師と言えども、病院に雇われている以上、雇い主の要求に答える必要があります。

また目標管理シートは、ある意味で形式的なものに過ぎません。
目標なんて1年のうちにコロコロ変わるものです。特に1年目~5年目くらいの若い方は、成長が早いために目標も変わりやすく、1年後には「どんな目標だったっけ…?」という事もあるでしょう。

とはいえ、病院側としても色々と事情があるもので、目標管理シートを書いてもらいたいのです。

ではなぜ病院は、目標管理をしたがるのでしょうか?

実はここに高評価の目標の秘訣があるのです。

病院が求めること

doc
病院にとって目標管理シートは、4つの意味を持っています。

  • 方向性:あなたの努力がズレないよう、組織と個人の方向性を統一する
  • 成長:個人として、チームとしてスキルアップし、高度化する医療に対応する
  • 意欲:年間を通してモチベーションを保ち、意欲的に学び、自主的な行動を促進する
  • 評価:給料査定、ポジション、異動などの基準にする

目標を立てる時に重要なのは、上の3つ「方向性、成長、意欲」です。
職場が目指す方向に合わせて、私個人を成長させ、意欲的に行動する。
このような目標が評価されやすいです。

もう少し具体的にイメージするならば、下記のような看護師が求められています。

  • 幅広い看護スキルを持っている
  • 常に学ぶ姿勢を持っている
  • 精神的なタフさを持っている
  • チームワークを乱さない
  • 多少の無理を聞いてくれる
  • クレームを言わない
  • 長く働いてくれる
  • 手間がかからない

最後の「手間がかからない」はちょっと言い過ぎかもしれませんが、経営側・管理側の本音を言うとこんなところでしょうか?

ただし何を重視するかは、病院によって様々です。

そのため目標を考える時は、まず組織の目標を確認しましょう。
病院理念、看護部の目標、所属科の目標、チームの目標などをチェックします。

これら組織の目標は「病院が求める人材像」に直結しているため、これをベースに個人目標を書いていけばよいのです。

そこで次は、個人目標について考えていきましょう。

個人目標の考え方


ここまで病院が求める人材について確認してきました。
次は、あなたの目標について考えてみましょう。

3つのステップで順に整理すると「なりたい自分」までの道のりを明確にできます。

STEP1 ひとまずのゴールを作る

まずは、ひとまずのゴールを作ります。
そのために、以下について順に考えてみましょう。

  • なりたい姿:2~3年後にどんな看護師になりたいか?
  • やりたいこと:どんな仕事をしたいか?
  • 課題:自分や職場に問題点はあるか?
  • 行動:やるべきこと、既にやっていることはあるか?

上から順番に自分に問いかけて、自分の希望に照らし合わせていきます。
「なりたい姿」が思いつかなければ「やりたいこと」という具合に、しばらく考えても出なければ次の項目へ。
長期的に考えるのが得意な人もいれば、直近の予定しか気にならない人もいますので、出てこない時はあまり考え込まずに次々検討してみましょう。
一つ出ればそれが「ひとまずのゴール」になりますので、すべてについて考える必要はありません。

ゴールの具体例はこのような感じで大丈夫です。

  • 2~3年後には一人で一通りの業務をこなせる看護師になりたい(なりたい姿)
  • 新しい薬剤についての勉強会を開催したい(やりたいこと)
  • 最近インシデントが多い(課題)
  • 新しく導入された医療機器の使い方を覚える(行動)

どれか1つでも明確になれば、それをひとまずのゴールとします。

STEP2 今の自分とのギャップを考える

ひとまずのゴールが決まったら、次は今の自分とのギャップを考えます。

  • なりたい姿 :2-3年後になりたい看護師になるために、今の自分には何が足りていないのか?
  • やりたいこと:1年後にしたい仕事をするためには、どのようなことが必要か?
  • 課題    :半年後にその課題を解決するためには、どのようなことが必要か?
  • 行動    :実際の予定をうまくやり遂げるためには、どのようなことが必要か?

なりたい姿がゴールになった人は、そうなるために必要なものを今の自分と比べて洗い出します。
やりたいこと・課題・やることがゴールになった人も、それぞれ同じように、今現在の自分と比較して必要なことを明確にしていきます。

具体的には、

  • 2~3年後には一人で一通りの業務をこなせる看護師になりたい(なりたい姿)
     →患者さんと積極的に関われていない。疾患の知識が足りない。看護技術が身についていない。
  • 1年後には病棟特有の疾患について一通り把握している看護師になりたい(やりたいこと)
     →病棟の疾患について知識が足りない。勉強が必要。
  • 最近インシデントが多い(課題)
     →不注意が多い。確認不足。思い込みや早とちり。正確な知識が足りていない。
  • 業務を正確に覚えなければいけない(やること)
     →間違うことが度々ある。忘れていて周りに迷惑をかけることが多い。

といった感じです。

これで、ゴールと今との間のギャップが明確になりました。

STEP3 ギャップを埋めるための目標とそのための対策を考える

ゴールに必要なギャップのうちの一つ(または複数)を選んで、目標とそれを達成するための方法を考えます。

これまでの具体例を元に設定した目標の例をあげてみますね。

  • 1日○回を目標に積極的にナースコールに応じる。
     →患者さんと積極的に関われていない現状を改善するための目標。
  • 疾患の理解を深めるために、病態や治療に関する資料を作成して、四半期毎に報告する。
     →疾患に関する知識を増やすことを目的とした目標
  • ダブルチェックを徹底し、インシデントレポートを書く割合を前年の○%まで減らす。
     →インシデントの発生を減らす方法と、具体的な数値でどこまで減らせたかを確認するための目標。
  • 都度手順書を確認し、正確な看護を提供する。○ヶ月でのインシデントレポート○件以内。
     →正確な看護を実践するための目標。

また、目標の設定には、クリニカルラダーを参考にするのも良いかもしれません。
ここには年数やタイミングに応じて明確な目標が明文化されていますので、この内容をもとに自分の立場に置き換えて目標とするのも良いでしょう。

日本看護協会 クリニカルラダー:https://www.nurse.or.jp/nursing/jissen/pdf/ladder.pdf

目標管理シートを書くコツ

ではいよいよ、目標管理シートへの書き方について解説します。
目標管理シートへ記入する目標には、必ず以下の3つのチェックを行いましょう。

1.病院の望みと自分の希望がすり合わせられているか?

病院にも、目標や理念といったものがありますよね?
自分が設定しようとしている目標が、そこからかけ離れていないかをチェックしましょう。
自分が目標を達成することで、病院に対してどれだけ貢献できるかをアピール出来るのが大事です。

2.具体的に書かれているか?(何を・どのレベルまで・いつまでに)

目標には可能な限り以下の3つを入れましょう。

  • 何を
  • どのレベルまで
  • いつまでに

※ダメな例

出来ること増やして一生懸命がんばる。

※改善例

○月までに一人で採血が出来るようになる。

ぼんやりした具体性のない目標は、達成感が薄く、自己満足にもなりにくいです。
そのため本人にとっても良くないのはもちろんのこと、達成したかどうかの判断が曖昧になり、評価の基準が明確でないため、病院にとっても良くありません。
可能な限り具体的な数字やスキル・業務内容を入れるよう心がけましょう。

3.なるべく数値化されているか?

2と重複しますが、目標は可能な限り数値で表現しましょう。
数値で書くことの良さは、

  • 達成出来たかどうかの判断が明確に出来る
  • 客観的に誰が見ても達成したかどうか判断出来る
  • 期限や回数などは意識しやすい
  • 目標へのアプローチが単純化される

という点にあります。
ただ、入職直後や1年目のうちは、数値を意識することが難しい場合も多いですので、最初はおおまかな目標を立て、その後で先輩や上司と相談しながら数値化していくのが良いかもしれません。

経験年数ごとの目標例

stepup

クリニカルラダーを参考にして、目標の具体例を挙げてみました。
目標設定の参考にしてみてください。

1年目の目標例

具体的な目標やその数値を思い描くのが難しい時期です。
まずは、おおまかな方向性から考え、その後面談で期限や回数を設定していきましょう。

・ニーズをとらえる力

 患者さんと積極的に関わるため、1日○回ナースコールをとる。

・ケアする力

 疾患に関する知識の習得のため、書籍を○月までに△冊以上読む。
 ○月までに一人で採血を実施出来るようになる。
 一つでも多くのスキルを身につけ、習得したスキルのリストを作る。

・協働する力

 ○月までに物品の配置を把握する。不明な点は随時確認する。
 自分が苦手とする業務を期末までにリスト化して報告する。

2-3年目の目標例

新人としての扱いが終わり、各自に自発性が求められる時期です。
自分が目指す方向性と現在の自分とのギャップを意識した目標を設定していきましょう。

・ニーズをとらえる力

 ○月までに、看護計画を一人で立てる事が出来るようになる。

・ケアする力

 インシデントレポートの提出を前年の○%まで減らす。
 ○月までに手順書を再度見直し、自身が今行っている手順に間違いがないか確認する。
 ○月までに△△業務を一通り覚える。

・協働する力

 プリセプティが安心して業務を行えるよう、毎月面談を行う。
 研修で学んで得た知識をスタッフ全員で共有出来るよう、研修参加の翌月末までにレポートを提出する。

・意思決定を支える力

 患者さんや家族の声に自発的に耳を傾け、月○回は発言内容について上席者に報告する。

4-5年目の目標例

自分だけではなく、周囲に影響を与えるような立場を求められる時期です。
自分が目指す方向性に加え、病院全体の組織を意識した目標を設定していきましょう。

・ニーズをとらえる力

 後輩に任せっきりにせず、毎日○回は率先してナースコールに応じる

・ケアする力

 知識を深めるため、院外研修に○回以上参加する。
 苦手分野克服のため、関係する学会に参加する。

・協働する力

 ○月までに手順書の改善点を洗い出し、スタッフ間に共有する。
 新人の不安を軽減出来るよう率先してリーダーシップをとり、毎日声をかけ質問を受け付ける。 
 ○月中にスタッフに物品配置に関するアンケートを実施、△月までに改善案を提出する。

・意思決定を支える力

 患者さんや家族の声を思い込みで判断せず、内容についてスタッフの意見を広く集める仕組みを○月までに整える。

何故目標管理シートが必要なのか?

guts

ここまで解説してきましたが、目標管理シートの作成を「めんどうくさい」「わずらわしい」と感じている人は多い気がします。

手を動かすことの面倒さ、考えることの面倒さ、業務に追われてただでさえ忙しいのに、何でそんな面倒なことしなきゃいけないの?
言われたから書く、出さなければならないから出す。

多くの看護師がその感覚でいるかもしれません。

ですが、目標設定の目的は「患者さんに適切な看護を提供するため」です。

各看護師が目標を意識して成長していくことで実現されるのは、病院全体の看護の質の向上です。
病院全体の看護の質が上がることは、患者さんに対する適切な看護に直接繋がります。

つまり、あなたが目標を達成して成長していくことは、患者さんの安心・安全に直接つながっているのです。

あなたのその「めんどうくささ」が、「患者さんの安心・安全に繋がっている」と考えることが出来たら、そのめんどうさも少しは大切に思えてきたりしませんか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

目標管理シートは、個人で設定した目標を本人と病院で共有・達成を目指すために作成するものです。

病院は目標管理シートを4つの目的で使用します。

  • 方向性:あなたに求めている看護の方向性の明確化
  • 評価:評価、査定(給与UP、維持など)の基準にしたい
  • 成長:看護師としてのスキルアップ、成長
  • モチベーション:意欲的、自主的にな行動の促進

そして、目標を設定する時は3つの視点で考えてみましょう。

  • ひとまずのゴールを作る
  • 今の自分とのギャップを考える
  • ギャップを埋めるための目標とそのための対策を考える

最後に、目標管理シートを書くコツは以下の3つをチェックすることです。

  • 病院の望みと自分の希望がすり合わせられているか?
  • 具体的に書かれているか?(何を・どのレベルまで・いつまでに)
  • なるべく数値化されているか?

ここまで考えれば、あとは実際に書いてみるだけです。
誰もが納得する100点満点の目標管理シートを作っちゃいましょう!

目標を見つけたみんなの体験談はこちら!
看護師が目標を意識する経緯は?体験談9選

こんな記事も参考にどうぞ。

看護師が転職で失敗しないための準備マニュアル
大損してた!看護師が知っておきたい残業代のこと
看護師を辞めるのはちょっと待ってください!