看護師が知りたい履歴書の書き方まとめ。志望動機の例文編

kaku

履歴書作成で悩んでいる看護師のみなさん、こんにちは!
メディカル調査員の中根です。

履歴書の中でも、相談が一番多いのが志望動機。

 志望動機ってどう書いたらいいの?
 正直に書いていいもの?
 なんか嘘くさくなるんだけど・・・

そこで今回、「志望動機の例文」を集めました。
これを参考にすればそれなりの志望動機がサクッと書けるはず!

志望動機の書き方 3つのポイント

3tsu
まずは、志望動機を書く上での外せないポイントを3つ紹介します。
ここが見当違いだと、どれだけ悩んで時間をかけた志望動機でも採用に繋がりません。

  1. 病院にとっての自分の価値を書く
  2. 具体的に書く
  3. 一貫したストーリーで書く

この3つを意識して書くことが大事です。

それでは、状況別に志望動機の例文を紹介しますので、参考にしてみてください。

経験別

nrsst

未経験の診療科に転職する場合の志望動機

未経験の診療科への転職の場合は、スキルや経験のアピールよりも、意欲やビジョンを前面に押し出しましょう。

【例】

新卒から4年間、○○病院の内科病棟で働いてきました。
小児科で働くことは学生時代からの私の夢です。
様々な患者さんと触れ合う中で、あらためて小児科の重要性を感じるようになりました。
もともと子どもが好きで、貴院の地域に根ざした小児医療という方針に共感しましたので、今回応募させていただきました。
未経験ではありますが、内科病棟での経験を充分に活かして、小児看護を修得したいと考えております。

経験のある診療科に転職する場合の志望動機

経験のある診療科への転職の場合は、スキルや経験を前面に出しつつ、何故この診療科を選んだのかをアピールします。

【例】

看護学校を卒業して3年間、慢性期病棟にて看護業務を経験し、その後看護スキルの幅を広げるために急性期病棟で4年働きました。
急性期病棟を経験することで、自身の看護スキルもだいぶ高まったと思います。
ですが、自分自身の中には、患者様と時間をかけて向き合いたいという気持ちが強いことに気付き、もう一度慢性期病棟で働きたいと思い転職を決意しました。
地域密着型の医療を掲げる貴院で、これまでのスキルを活かすことが出来ればと思い応募いたしました。

憧れの診療科に転職する場合の志望動機

憧れの診療科への転職の場合は、スキルや経験のアピールはもちろん、意欲やビジョンについてもしっかりアピールしましょう。

【例】

外科病棟で5年間勤務してきました。
リーダー業務や後輩の指導も任せられるようになり、自身でも新しい分野に挑戦したいという意欲が芽生え始めました。
看護スキルの更なる向上を考えていたところ、貴院の救急外来看護師の募集を拝見しました。
救急医療については、学生時代からずっと興味があった分野です。
これまでの経験を活かしながら、挑戦することが出来ればと思い、貴院を志望しました。

施設別

shisetsu

急性期へ転職する場合の志望動機

急性期への転職の場合は、「自身の成長」「幅広い症例への対応」といった、スキルアップを中心とした内容でまとめると効果的です。

【例】

患者様に寄り添う看護を実践するべく、学校卒業後5年間○○病院の慢性期病棟で数多くの患者様と向き合ってきましたが、最近自分にはまだまだ看護スキルが足りないことを実感しております。
そんな時、貴院の求人を拝見し、急性期の現場で様々な症例を学ぶことは、自分を磨くことが出来るチャンスではないかと感じました。
慢性期の看護スキルを活かしながら、今まで以上に幅広い分野での看護に関わりたいと考え、貴院を志望させていただきました。

慢性期に転職する場合の志望動機

慢性期への転職の場合は、「じっくり向き合う看護」「患者さんに寄り添う」といった、患者さん主体の内容でまとめるのが良いです。

【例】

急性期病棟で6年の勤務経験があり、看護師として様々なスキルを身に着けたと思っています。
ですが、これまでの経験の中では、患者様と時間をかけて向き合うことはあまり出来ないで来てしまった気がしています。
そこで、「患者様主体の医療」を理念とされている貴院にて、じっくり患者様一人一人と向き合う看護が実践出来ればと考え、応募いたしました。

訪問看護に転職する場合の志望動機

訪問看護への転職の場合は、「高齢者看護」「在宅医療への興味」といった部分を中心に、スキルや経験が充分にあることをアピールしつつまとめると良いです。

【例】

これまで総合病院やクリニックにて、ご高齢の方に関わる看護に密に携わってきました。
そうした経験の中で、自宅で自分らしい生活が送れるようなサポートを行う在宅医療に興味を持ちました。
貴施設は、利用者様・ご家族に寄り添ったケアを掲げられており、他職種との連携にも注力されているところに魅力を感じましたので、今回応募させていただきました。
病棟での経験がどこまで役に立つか分かりませんが、貴施設に充分貢献出来るよう努力したいと思います。

介護施設に転職する場合の志望動機

介護施設への転職の場合は、「高齢者看護」「ターミナルケアへの興味」といった部分を中心に、応募先の理念や方針について書くのが良いでしょう。

【例】

看護学校卒業後、○○総合病院の緩和ケア病棟で5年間勤務してまいりました。
ターミナルケアの大切さを実感し、より深い知識や看護スキルを身に着けたいと考え転職を決意しました。
貴施設では、利用者様とご家族に寄り添う体制を整え、手厚いケアを実践されている点に魅力を感じております。
即戦力としてお役に立てると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

デイサービスへ転職する場合の志望動機

デイサービスへの転職の場合は、「高齢者看護」「利用者との積極的な関わり」といった部分を中心に、意欲的な姿勢をアピールします。

【例】

○○総合病院の慢性期病棟で働いており、今年で4年になります。
日々高齢者の方々と接する中で、もっと老年看護を学びたいと思うようになりました。。
利用者様と積極的に関わり、信頼関係を築きながら長期的な看護を実践出来る貴施設で、私のこれまでの経験を活かすことが出来ればと思っています。
高齢者が生き生きと暮らすことが出来る環境の実現に、少しでも貢献出来ればと思います。

クリニックに転職する場合の志望動機

クリニックへの転職の場合は、「即戦力」「地域に根ざした医療」といった点を強調し、自ら学ぶ姿勢をアピールします。

【例】

私が看護師になろうと思ったきっかけは、「地域の人たちの役に立ちたい」という思いです。
貴院の求人を拝見し、「地域医療に貢献する 」という理念に共感いたしましたので、今回応募させていただきました。
新卒から急性期の外科病棟で5年の経験を積みましたので、即戦力としてお役に立てると思います。
まだまだ足りないスキルについては、自主的に学習して身につけたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

目的別

ganbaru

スキルアップのための志望動機

スキルアップのための転職の場合は、やる気や学ぶ姿勢を前面に押し出し、将来の目標について書くのが良いです。

【例】

現在は急性期の外科病棟に勤務しております。
日々様々な疾患に向き合う中で、自身の更なる看護スキルの向上を意識するようになりました。
今回貴院の求人に応募させていただいたのは、最先端の医療と患者様主体の医療を実践されている貴院でなら、より幅広く深い看護スキルを学ぶことが出来ると感じたからです。
ゆくゆくは貴院の取り組んでおられる、救急医療の分野でも貢献出来ればと考えています。
まずは、1日も早く貢献できるように努力しますので、何卒よろしくお願いいたします。

夜勤専従になるための志望動機

夜勤専従になるための転職の場合は、長く続けられることと夜勤が得意なことを前面に押し出し、家庭の事情などを織り交ぜるのが良いでしょう。

【例】

 
総合病院で3年間病棟勤務をしてきました。
常勤として勤務していましたが、その中で夜勤に一番やりがいを感じたことと、家族との時間を大切にしたいという思いから、今回貴院での求人に応募いたしました。
看護師としてのやりがいは、緊張感と臨機応変な対応だと考えており、その中でも夜勤はそれが顕著だと感じているため、夜勤専従での働き方は私に合っていると思っています。
採用いただけましたら、体調管理をしっかりしながら長く勤めたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

属性別

hahako

経験が浅い看護師の志望動機

経験が浅い看護師の転職の場合は、スキルや経験がアピール出来ない分、熱意や学ぶ意欲・将来のビジョンを出していきましょう。

【例】

患者様の気持ちに寄り添うことが出来る看護師を目指して勉強を続けています。
貴院は地域の人々に寄り添う医療を掲げていらっしゃいますので、大変興味を持ちました。
経験が浅いので、まだまだたくさんのスキルを学ぶ必要はありますが、貴院で長く貢献出来るよう、幅広い分野での知識の修得を心がけたいと思っていますので、何卒よろしくお願いいたします。

ベテラン看護師の志望動機

経験が豊富なベテラン看護師の転職の場合は、スキルと経験をアピールしつつ、柔軟性を強調すると良いでしょう。

【例】

○○病院の内科病棟に10年勤務し、ここ数年はチームリーダーとして業務に携わってきました。
看護師の経験もベテランと言われる年数になりましたが、何事も常に謙虚に学ぶ姿勢で向き合っていたいと考えています。
患者様から「ありがとう」の言葉をいただくことが、私が看護師を続ける上でのやりがいです。
即戦力を希望されている貴院での業務の中でも、たくさんの「ありがとう」をいただけるよう、努力したいと思っています。

転職回数が多い人の志望動機

転職回数が多い看護師の転職の場合は、経験と意欲をアピールしつつ、適応力を強調すると良いでしょう。

【例】

4つの病院に勤務し、様々な科の病棟で看護を行ってきました。
ゼネラリストとしてスキルアップしていくことを目標としており、比較的どんな業務にも慣れるのは早いです。
幅広い医療体制と患者様主体の医療を実践する貴院で、更なる看護スキルの修得を目指したいと考えています。
これまでに得た知識や技術を活用して、貴院のお役に立つことが出来ればと思い志望いたしました。

准看護師の志望動機

准看護師の転職の場合は、意欲ややる気をベースに、経験やスキルをアピールしましょう。

【例】

○○総合病院の急性期病棟で8年間勤務いたしました。
貴院の求人を拝見し、私自身の急性期の現場での経験を役立てることが出来ればと思い応募いたしました。
これまでの経験を活かしながら、貴院の理念である「患者様に寄り添う看護」を実践出来ればと思います。
通信教育での正看護師取得に向けての勉強もしておりますので、免許取得後も続けて働き続けられればと考えております。

既婚者の志望動機

既婚者の転職の場合は、経験と家族との関係をアピールしながら、意欲や働き方でまとめてみましょう。

【例】

総合病院の内科病棟で5年目になります。
結婚を機に、家族との時間の大切さに気付きました。
これまでのようながむしゃらな働き方ではなく、今後は体調をセーブしながらの勤務を考えています。
貴院が掲げる「仕事と家庭とのバランス」は、私にとっても切実な課題です。
夫は私が看護師を続けることには賛成・協力してくれていますので、夜勤や残業等についても出来る限り貴院に貢献出来るように働こうと考えています。

ブランクがある人の志望動機

ブランクがある人の転職の場合は、復職とブランクの理由をベースに、やる気と働き方をアピールしましょう。

【例】

出産と育児のためブランクがありますが、子供が大きくなったので看護師として復帰したいと考えております。
出産と育児を経て、小児医療の大切さにあらためて気付くと同時に、私も貢献出来ればと考えるようになりました。
貴院は小児医療に注力されており、教育体制や研修が充実しており、復職の実績も多いと伺っております。
一から出直すつもりで精一杯努力しますので、何卒よろしくお願いいたします。

ママ看護師の志望動機

ママ看護師の転職の場合は、経験と家族との関係をアピールしながら、大切にしたい働き方を主張しましょう。

【例】

子供を持つまでは、比較的忙しい職場で働いてきました。
体力には自信がありましたが、子育ての大変さを痛感しまして、今後は仕事と育児とを両立出来る職場で働きたいと考えております。
貴院では、子育て支援が充実しており、育児をしながら働いている方も多いと伺いました。
看護師としての経験は十二分にありますので、これまでの経験を活かしながら、貴院に長く貢献出来るように努力したいと考えています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
履歴書の志望動機で悩んだら、自分の状況に合う例文を見て参考にしてください。
くれぐれも丸写しはダメですよ!

採用担当者の目を引く志望動機で、是非とも希望の職場の内定を勝ち取りましょう!

履歴書の書き方はこちらも参考になります!
履歴書の書き方 基本編
職務経歴書の書き方もチェック!
看護師が知りたい履歴書の書き方まとめ 職務経歴書編

完全オリジナルの志望動機を書きたい人へ

例文の中に、自分の状況に合うものがなかった方。
例文を見ても、いまいちピンと来なかった方。
そもそも志望動機は、一から自分で組み立てるものだと考える方。

完全オリジナルの志望動機を組み立てるお手伝いをします!
ここでは、冒頭で紹介した3つのポイントを一つずつ詳しく解説していきます。

これを意識して書けば、あっという間に世界でたった一つのあなただけのオリジナル志望動機が出来上がりますよ!

病院にとっての自分の価値を書く

「自分がどれだけ病院に貢献できるか」をアピールすることが志望動機の本当の目的です。
何故なら、採用側が一番知りたいのは「その人物を採用することによるメリット」だからです。

  • ○○の分野で貢献できる(病院主体)
  • △△について専門的に学びたい(自発的)
  • □□という目標があるので貴院を選んだ(目標が明確)

といった病院にとってのメリットが意識されている内容を盛り込むと印象が良くなります。

また「研修や教育体制がととのっている」「住まいに近くて通勤に便利」などの、自分が応募先に対して感じた魅力的な部分を書いただけのものがよくありますが、これではただの本人希望欄です。
「病院にとってのメリット」を付け加え、「研修や教育体制がととのっているから、充分に学んで長く貢献したい」「住まいに近いので、夜勤や残業にも充分対応可能です」のようにするとまったく印象が違いますよ。

志望動機は、病院からの視点を意識して書くように心がけましょう。

具体的に書く

志望動機には必ず、

  • 何をどう頑張るか?
  • 何でどれだけ貢献出来るか?
  • どんなビジョンを持っているか?
  • どんな経験をいかすことが出来るか?

といった点を、具体的に盛り込むことが大切です。

よくある「理念に強く共感した」とか「○○を大切にする貴院の方針」という内容を書くこと自体はは悪くありません。
ですが、具体性が伴わないととてもうすっぺらなものになってしまい、他の応募者の中に埋もれてしまうでしょう。

【悪い例】

私が貴院を志望したのは、貴院の理念である「患者様主体の医療」という点に強く共感したためです。
私も患者様主体の看護を目指していますので、誠心誠意頑張りたいと思っています。

【改善例】

私はこれまでの○○での経験から、患者様への気配りに関しては自信を持っています。
これは、貴院が掲げている「患者様中心の医療」を実践する上でとても重要な要素だと考えます。
これまで以上に、患者様との関わりを大切にしたいので、貴院を志望しました。

具体的な経験やスキルを盛り込むことで、自分のやる気や将来のビジョンをアピールすることが大切です。

一貫したストーリーで書く

志望動機には一貫したストーリーを意識しましょう。何故なら、ストーリーがあると説得力が生まれるからです。

そして何より応募先を選んだ経緯が分かりやすくなります。

ストーリーに含める要素は、

  1. あなた自身の目標や有利になるスキルの提示
  2. 何故その診療科・病院を選んだのかの理由
  3. 選んだ診療科・病院とあなたのスキルや目標がどう合致するのかを説明

の3つです。

  • 新卒から慢性期の病棟で働き、基本となる看護スキルは身につけたつもりですが、更なるスキルアップを考えています。(自身のスキルの状態)
  • 急性期から回復期と幅広い療養を行っている貴院で、より高い看護スキルを身に着けたいと考え、転職を決意しました。(その病院を選んだ理由)
  • これまでの経験を活かし、多種多様な疾患に対応出来る看護師を目指すことで、貴院に貢献していきたいと考えています。(病院と自身のニーズの合致)

是非参考にしてみてください。

こんな記事も参考にどうぞ。

看護師が転職で失敗しないための準備マニュアル
大損してた!看護師が知っておきたい残業代のこと
看護師を辞めるのはちょっと待ってください!