看護師が循環器内科に転職するなら知っておきたいQ&A集

循環器内科の求人は多いですか?

比較的多いようです。
ただ、循環器内科は病院でのいわゆる花形と考える人も多く、専門的な知識も学べることから、
入職を希望する看護師も多いです。

特に循環器専門病院などへの転職は、循環器内科経験があることが求められることも多いため、
総合病院の循環器内科で経験を積んでからのほうが良さそうです。

循環器内科はどんな業務がありますか?

循環器科は、心臓血管外科または循環器外科と循環器内科に分かれる病院も多いです。
一般的に循環器科は循環器内科を指すので、こちらでは循環器科を循環器内科としてお答えします。

循環器内科では一般病棟としての業務はもちろんのこと、特徴的なのは心臓カテーテル検査など、
手術室以外で施行される検査や処置の介助を行う可能性があります。

また、CCUのある病院では、循環器内科の看護師がCCUを兼務していることも多いです。

循環器内科で求められるスキルを教えてください

心疾患の患者さんが多い循環器内科では、心電図が読めるかどうかがとても重要です。
ただ心電図モニターを眺めていても何もなりません。
モニターのアラームが鳴らなくても、どのような波形なのか、正常か異常か、不整脈の種類は?など、
判断して迅速に医師に報告する必要があります。
12誘導まで読めれば、なお良いです。

心電図以外にも、少しの変化を見逃さずに患者さんに何が起こっているのかを迅速かつ適切にアセスメントする能力が必要です。
これは循環器科に限ったことではありませんが、特に命に直結する疾患の多い循環器内科では、
判断の間違いや少しの遅れが取り返しのつかない事態を招く可能性があります。

また、循環器内科は心電図モニターの他にも様々な医療機器を扱うことが多く、
専門的な機器の知識を身につける必要があります。

循環器内科で大変なことを教えてください

循環器内科の看護師はとにかく忙しいです。もともと入退院が多いうえに命に関わる緊急入院や緊急手術もよくあります。
日々の観察のほか、検査や処置の介助、急変の対応などにも追われます。

一方で、高血圧や動脈硬化など、生活習慣の積み重ねが心筋梗塞などの心疾患に繋がることも多く、
患者さんへの生活指導も重要です。
自分の知識がないと相手に指導できないうえに、分かりやすい説明を行い、理解してもらう必要があります。
緊急を要する疾患だけでなく、その基礎となる、長年上手に付き合っていく必要がある病態や疾患を扱う科でもあるのです。

また、心臓や血管を扱う科であるため、小さな手技や判断のミスが患者さんの命に直結するという精神的な負担になる人も多いです。

専門機器の操作方法や心電図、ペースメーカーやカテーテル検査など、覚えなければならない専門的知識もかなり多く、
自主的に勉強する意識を持てないと続けていくのは難しいです。

循環器内科の魅力を教えてください

命に直結する業務をこなしていくことで、循環器内科での仕事にやりがいを持つことができます。
専門的知識が増え、高度な医療に触れることは看護師として大きなスキルアップにつながります。

意識の高い看護師が集まる傾向にあるので、お互い高め合いながら知識の習得に繋げられると思います。

循環器の経験はないですが転職できますか?

できます。
循環器の知識に自信がないようなら、入職前に教育体制について確認しておきましょう。
プリセプター制度の有無や勉強会の頻度、さらに研修参加の補助の有無など、
学びながら働ける環境にあれば、安心して転職することができます。
経験のない科への転職は、看護師にとって確実に大きなスキルアップに繋がります。

給与はいくらくらいもらえますか?

病院によって差はありますが、他科病棟と大きく変わらないようです。
月25~30万程度が平均となっています。
循環器内科の場合はCCUやHCUに配属されることもあり、その場合は夜勤回数が増えたり、特別手当がつくことがあるため、
給与は少し高くなる可能性があります。

循環器内科の求人内容で確認した方が良いことは何ですか?

先方が循環器経験者を希望している場合は即戦力を求めている可能性が高いです。
未経験の場合は、入職前に知識を付けたり、できる限り自分で勉強しておいてください。
また、教育制度が整っている病院を選ぶことが大切です。

忙しい科なので殺伐としていて人間関係が悪い病棟もあるようです。
病院見学の際は、看護師同士が生き生きと働いているか職場の雰囲気を確認しましょう。

さらなるスキルアップはできますか?

できます。
循環器を極めるなら、心臓血管外科への転職がお勧めです。
循環器のスペシャリストになれます。
加えて、転職に関しても循環器内科からなら基本的にどの科でも好意的に受け入れられるでしょう。
転職がしやすいし、知識も広がります。

こんな記事も参考にどうぞ。

看護師が転職で失敗しないための準備マニュアル
大損してた!看護師が知っておきたい残業代のこと
看護師を辞めるのはちょっと待ってください!