看護師の転職期間スケジュール表。求人探しから、内定、退職、入職まで

schemain

相談者からのメール

相談者 Sさん
24歳看護師

初めて転職をする予定です。
そこで3つ教えてください。

・入職時期は、一般的に何か月先?
・退職願いは、いつ頃出せばいいの?
・面接は、いつ頃入れたらいい?

初めての転職でイメージができず、なかなか動き出せません・・。
よろしくお願いいたします。

こんにちは!メディカル調査員の中根です。

初めての転職、不安ですよね。
実は私、これまで5回も転職をしています!
この経験を生かして全力でお答えしましょう!

一般的な転職スケジュール表

sche1

転職の準備

転職するにあたって、まず最初は準備から始めましょう。
しっかりと準備しておかないと、後々トラブルのもとになりますよ。

自己分析

jikobunseki

転職理由を明確にする

まず最初に自分が転職したい理由を明確にしましょう。
ここがしっかり定まっていないと、退職の引き止めに応じてしまったり、転職先選びでブレたり、面接でうまくいかない原因になってしまいます。

自分が転職で何を実現したいか、何を目標にしているかを明確にすることで、失敗しない転職を実現しましょう。

スキルや経験の棚卸し

では、どうやって自己分析をするか?

まずは、今までの経験やスキルを書き出してみましょう。

  • どんな知識やスキルがあるのか。
  • どんな努力をしてきたか。
  • どんな役割を果たしてきたか。

文字に起こすことで、自分自身の現在の状態を把握出来ます。その上で、今後の自分が希望する方向性について考えてみましょう。
そうすれば、今の自分に足りていないもの、目指したいものが見えてきます。

退職の意思表示

師長への相談と退職日の決定

転職の理由が明確になったら、次は退職の意思を伝えます。

一般的な流れとしては、まず師長へ口頭で退職の意思を伝え、退職日を相談して決定します。
その後退職日を記載した退職願を書き、提出して受理されれば、転職に向けての第一段階はクリアです。

職務規定の確認

職務規定にある、退職に関する部分について確認しておきましょう。

その中でも、「退職の申し出」については必ず確認してください。何ヶ月前に退職を願い出なければいけないかは病院ごとに違うからです。
例えば、規定の中で「3ヶ月前」とされているのに、1ヶ月前に申し出てはトラブルになります。充分に注意しましょう。

ただ実際には、病院の人員事情や独自のルールを持ち出され、退職日の先延ばしをされることがあります。
職務規定を確認し、早めに退職を申し出た後、退職日に合わせた転職活動を行うのが一般的です。

応募先の選定

pcnote

求人情報の収集

自己分析の結果をもとに、求人情報を集めましょう。看護師の求人を集める手段は以下が一般的です。

  • 求人誌
  • ハローワーク
  • 転職サイト

自分に合ったものを選びましょう。

自分の希望条件とのすり合わせ

求人情報を探す時は、自分の希望する条件にマッチする求人を納得行くまで探しましょう。
すべてが希望通りの病院もあると思いますが、ベストマッチの病院が見つからない場合のために、希望にはあらかじめ優先順位をつけておきましょう。

条件が良い人気の病院やクリニックでは、倍率が10倍を超える場合もあるようです。
万全を期すなら、選考に漏れた時のことも考えて、どこで働いても納得がいくような求人を2-3件ピックアップしておきましょう。

応募~内定

転職の準備が終わったら、いよいよ応募です。
応募から内定までは、面接日の調整も含めてだいたい1-2ヶ月くらいと考えておきましょう。
面接まで進んだ段階でイメージとの違いを感じたり選考に漏れた場合、そこからまた別の応募となると、もう一度同じ期間をかけることになるため、複数応募の場合は、平行して進めるのが一番効率が良いです。
ただ、日程調整で忙しくなる可能性もありますので、毎日の勤務に支障がでないよう気をつけてください。

履歴書と職務経歴書の作成

rirekisyo

自己分析の結果をもとに作成

自己分析の結果をもとに、転職先で自分がどう役に立てるか、どんな目標をもって働きたいと考えているかをアピールしましょう。

なお、履歴書は手書きで書きましょう。
手書きの文字には「丁寧さ」や「思いやり」といったものを感じさせます。
たとえ手書きの文字に自信がなくても、丁寧に書かれた文字は見れば分かります。
かなりの手間はかかりますが、手書きで人柄をアピールしましょう。

くわえて、職務経歴書については、履歴書と違って特定の形式がないため、見やすさを重視してPCで作成するのも良いと思います。
もちろんどちらもPCフォーマットでの提出を指示されている場合は、この限りではありません。

書類選考

ただ待つだけでなく面接の練習をしておく

書類選考の期間は、だいたい応募してから一週間です。

書類選考を通過したら次は面接ですので、ただのんびり待つだけでなく、前もって病院の方針や理念などについては理解を深めておく必要があります。
入職後はどのような貢献が出来るか、どのような目的を持っているか、面接での質問を想定して回答を用意しておきましょう。

面接

mensetsu

退職日の一ヶ月前には最終面接が終わるようなスケジューリングを

面接一回の病院が多いようですが、二回以上の面接のところもまれにあるようです。
最終面接から採用結果の連絡までにはだいたい一週間程度かかりますので、退職日の一ヶ月半前までにここまで進んでおくことが出来れば安心です。

とはいえ、なかなか理想通りに進まないこともあると思います。出来れば一ヶ月前くらいまでには、最終面接を受けられるように調整しましょう。

応募先が複数ある場合は日程調整を工夫

複数の病院に応募している場合は、最終面接のタイミングをうまく調整しましょう。

なぜなら、内定承諾の回答期限は一週間と言われていますので、最終面接が二週間離れてしまうと、面接結果を比較出来ない状態になってしまうからです。
内定承諾のタイミングで複数の病院を検討したい方は、各応募先の内定までのスケジュールを意識して日程調整してくださいね。

内定承諾

naitei

雇用条件の確認

内定の連絡と前後して、給与や勤務時間、業務内容などの具体的な雇用条件が提示されます。
入職後に「面接で聞いていた内容と違う」といったことがないように、充分に確認をしておきましょう。

くわえて、雇用条件は口頭での説明だけではなく、書面でもらっておくのが良いです。
口頭ではやはり「言った言わない」が心配ですので、極力書面でもらうことが後々のトラブルの防止にもつながります。

承諾連絡と入職日の調整

雇用条件に問題がなく、入職を希望する場合は、連絡があってから一週間以内(連絡の期限が定められている場合には期限内)には内定承諾の連絡をしましょう。
承諾の意思を伝えた後、病院側と書面のやりとりをして正式な入職と入職日が決定します。

退職手続き・入職準備

退職手続き

chklist

業務の引き継ぎ

退職が受理されて、院内に公表された時点から、業務の引き継ぎを始めます。退職日の1-2週間くらい前までに終わらせておくと、退職がスムーズです。

なお、引き継ぎはタスクリストとして書面で残しておくと、退職後に抜けや漏れについて聞かれる心配が減ります。

荷物の整理(総務での事務処理)

退職前には荷物の整理が必要です。

具体的には「職場に返すもの」と「退職時に受け取るもの」があります。

  • 返すものの例:ネームプレート・ロッカーや机等のカギ類・健康保険証・ユニフォーム
  • 受け取るものの例:年金手帳・雇用保険被保険者証・離職票・源泉徴収票

どういった手続きが必要で、何を返すか受け取るかについては、一度総務で確認をしておきましょう。

退職の挨拶と菓子折りの準備

退職日には必ず、お世話になった方々への挨拶を忘れずに。その際には菓子折りを用意しましょう。

用意するお菓子の目安は、

  • 人数分ある
  • 個包装になっている
  • 好き嫌いがすくないもの

です。
誰か退職される時のお菓子がどんなものかを日頃からチェックしておくのがいいかもしれません。百貨店のお菓子売り場に並んでいるものであれば間違いはないでしょう。

なお退職の挨拶は、直属の上司や同僚だけでなく、看護部長や医師への挨拶も必ず行いましょう。狭い業界ですので、余計なトラブルを回避するためにも、礼儀正しく退職したいものです。

入職準備

転職先で必要な知識の勉強と必要な物品の用意

転職先で事前に用意しておくよう言われたものや、勉強しておくよう指示があったことなど、確認して揃えておきましょう。

病院によっては、健康診断の結果を提出するところがあったり、健康診断を受診させてくれるところがあったりします。あわせて確認して、入職日前に結果を受け取れるようにしておきましょう。

入職

ichinenme04

無事に今の職場を退職したら、新しい職場での仕事が始まります。
これで転職活動は無事に終了です。おつかれさまでした。

新しい職場に早く慣れるよう頑張りましょう。

みんなの転職期間アンケート

転職を決めた看護師は、どのくらいの期間で転職活動を行っているんでしょうか?
アンケートの結果をグラフにしてみました。

看護師の転職活動期間は、一般職より長めの傾向にあります。
それには、以下のような看護師の職場特有の要素が関係していると考えられます。

  • 慢性的な人手不足の背景から、引き留めにあいやすい
  • 退職の意思表示をした際、病院都合の退職時期の打診があったりする
  • 職務規定で「退職希望者は3ヶ月前までに申し出る」とされている病院が多い

転職活動期間について、転職経験のある看護師の声を集めてみました。

・我慢の限界で勢いで退職。新しいとこ二週間で決めて入職しましたが、想像以上の酷さで半年で辞めてしまいました。後先考えてない行動はダメですね。(内科→皮膚科 24歳)

・職務規定で三ヶ月前までに申し出るよう書かれていたのでそのとおりに。文字通り円満退職で、転職先は辞める一ヶ月前には決まっていました。(内科→小児科 26歳)

・先に転職先を決めてから一ヶ月前に退職届を出したところ病院と大揉め。有給を盾になんとか退職しましたが後味は悪かったです…。ちゃんと職務規定通り(二ヶ月前)に言っとけば良かった。(内科→循環器内科 27歳)

・次々と先輩たちが辞めていく状況が不安で転職を決意。でも退職を相談すると、師長に散々ゴネられて延ばされて提示されたのは一年後…。あまりに遠すぎて転職のエネルギーを失いそうでした。(外科→脳神経外科 25歳)

今すぐ転職したい人向けのスケジュール表

sche2

期間:1か月
よくある状況:未練なし・緊急退避

◎メリット
  • 今の職場が不満なら我慢が短くて済む
  • 有給消化&退職届で翌日から出社しなくていい場合もある
     ※ある程度の引き継ぎは必要なのでなかなか難しい…
  • 転職について考える時間が短くて済む
◎デメリット
  • 自己分析の時間が取れない
  • 求人を吟味できない
  • 面接進めながら退職手続きなどとにかくバタバタ
  • 今の職場と揉める可能性が高い

今すぐタイプ(一ヶ月)の転職活動の利点は、今の職場での不満が短くて済むところです。転職活動は何かと気疲れしますので、短く済ませたいと考える人にとってはそれもメリットになります。

ですが、転職活動に充分な時間が取れないことは、デメリットを生じやすいです。一番のデメリットは、自己分析の時間と転職先の求人を吟味する時間が充分に取れないことです。

なんとなく決めてしまった転職先と自分の希望や目的が合っていなかったり、現状より酷い環境で働くことになってしまったというトラブルはよくあります。とにかくバタバタすることになりますし、一ヶ月前の退職希望の申し出は揉める可能性が非常に高いですので、あまりオススメは出来ません。

のんびり転職したい人向けのスケジュール表

sche3

期間:半年
よくある状況:こっそり転職活動・辞めること言わずに転職活動

◎メリット
  • 余裕を持った転職活動が出来る
  • 充分に求人を吟味できる
◎デメリット
  • 転職のモチベーションが下がる
  • タイミングを逃す
  • 入職日が遠いために良い求人を逃す可能性がある

のんびりタイプ(半年程度)の転職活動の利点は、じっくりと自己分析をして求人を吟味することが出来る時間的な余裕です。自己分析を充分に行うことで転職の目的がハッキリし、求人に対するアンテナもしっかりと張ることが出来ます。

逆に、入職日が遠くなるため病院側が採用しにくいという可能性があり、良い求人を逃すこともあります。くわえて、長期間転職について考え続けるため、転職意思がブレたり、転職のモチベーションが下がったりもします。

のんびりタイプを希望する場合は、自己分析とスケジュールの組み立てに充分時間をかけた上で、転職活動に臨むのが成功のカギです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
相談者Sさん(24歳) からの3つの質問の答えとしては、

・入職時期は、一般的に3ヶ月後!
・退職願は、職務規定を確認後、退職の意思を伝えて退職日が確定してから出す!
・面接は、退職日から逆算して一ヶ月~一ヶ月半前に入れる!

といったところでしょうか?

初めての転職は心配が多いかもしれませんが、転職を考え始めたらまずしっかりと準備をすることと、スケジュールを立てて動くことが大切です。

スケジュールを意識して、一つ一つタスクをクリアしていくことで、希望の転職を実現しちゃいましょう!

辞めて転職活動?辞めずに転職活動?

転職は何かと時間が要るだろうから、仕事を辞めてから出ないと難しい。

そう考えている人もいるんじゃないでしょうか?

アンケートの調査によれば、「現在の職場に在籍中に転職活動を行った」という方は全体の6割、「退職してから転職活動した」という方は4割で、一般的には仕事を続けながら転職活動を行った人の方が多いようです。

どちらもそれぞれ一長一短がありますので、各自の状況に合わせて選択しましょう。

在籍中の転職活動

  • 転職活動のための時間を作るため、プライベートの時間が削られる。
  • 毎日の仕事があるため、面接日時の調整には制約が多く、普段よりも生活が窮屈になる。
  • 時間的な制約や窮屈さはあるが、金銭的な不安や焦りを感じることはない。

退職後の転職活動

  • 時間の自由が効くので、自己分析の時間を充分に取ることや面接の日程調整がしやすい。
  • 転職活動が長期化することへの金銭的な不安や焦りから、充分に吟味しないで転職先を決めてしまって、転職後に後悔することがある。
  • 前職との間にブランクが存在することになるため、働くことへの意欲を疑問視される可能性もなくはない。

こんな記事も参考にどうぞ。

看護師が転職で失敗しないための準備マニュアル
大損してた!看護師が知っておきたい残業代のこと
看護師を辞めるのはちょっと待ってください!